当会について

私たちの願い…私たちの究極の願いは「私たちの活動が必要なくなる社会」です。

私は罪なき犬や猫が殺処分されている現実を知り、自分が何か行動を起こすことで一つでも尊い命を救うことができないかという思いでボランティアを始めました。

思いがあっても何もしなければ無力のまま…何も変わることはない。

できることをしよう! 微力であっても…それは無力ではない。

そして微力が集まれば大きな力となります。

そんな想いで始めた個人でのボランティア活動が、今では同じ志の仲間たちが集まりNPO法人としての活動となりました。

環境省の定義では「譲渡困難な犬猫を殺処分数から除外する」とされています。

それは、殺処分しても殺処分数にカウントされない、世間の人に知られることもなく無かったものとされる命たちが沢山あるということなんです。

愛情も不安も悲しみも…豊かな感情を持つ命たち、苦しさや痛みを感じる命たち、どの命も同じ重みの尊い命です。

何もなければ明日も普通に生きていける命たちが人間たちの勝手で殺される。

ましてや処分しても処分数にならない。そんな上辺だけの殺処分0に何の意味があるのでしょうか…

全国では本当に咬むのかどうか試してもやらず誤解されたまま処分されていく命たちも多いと思います。

それにもし、本当に咬んでも、どうしたら生きる道をみつけてやれるのかを現場に携わる皆が本気で考えてあげないと殺処分はなくなりません。

現在、私たちが活動している岡山県動物愛護センターでは「処分機」は動いておりません。

岡山県の殺処分数は0ではありませんが、それはセンターに収容されて亡くなってしまったり、大怪我や末期の病気などで治る見込みもなく明日を生きていくことが苦痛でしかない犬猫の安楽死の数です。

しかし、岡山県も「殺処分」というものが無くなった訳ではありません。

殺処分しないようにと頑張っている行政があり、ボランティアたちがいるというだけなのです。

こうした行政と民間ボランティアが協働していくことが大切で、命を殺すのではなくどうすれば生きる道を見つけてやれるかの知恵を出し合い、共に協力していく姿勢がなければならないと考えています。

現状では、もし私たちの活動がなくなれば殺処分は行われるでしょう。

まだまだ私たちの活動を止めることはできません。

そんな現実があるのは一体どうしてなのでしょう…?

無責任に遺棄する飼い主や迷子になっても捜さない、迎えに行かない飼い主がいる限り収容数は止まりません。

また、不妊去勢を行わず無責任に子供を産ませては遺棄したり処分する人間もまだまだいます。

人間たちの身勝手で犠牲になる犬や猫たちが沢山いるのです。

私たちには全国全ての命を救えるような大それたことはできません。

私たちの団体はシェルターを持たず自宅での保護を行うフォスターボランティアが集まったアニマルレスキュー団体です。

私も含め、メンバーたちは皆、それぞれに生活や活動の糧となる自分たちの仕事を持ち、家庭があります。

それでも目の前に助けを必要とした命たちがいる限り、自分たちの出来る限りを尽くし活動していきます。

私たちの活動拠点である岡山県の殺処分は何としてでも防ぐ!そんな想いでメンバー一同活動しています。

そして、全国には同じ想いで活動しているボランティアたちがいますが、まだまだフォスターボランティアの数が足りないのが現状です。

是非、お住まいの地域の不幸な境遇にいる犬猫たちに目を向けて下さり、お一人お一人の「自分にも出来ること」で力を合わせて一日も早く殺処分の行われない国、罪なき命たちが虐げられることのない社会を築けることを心から願っています。

最後になりましたが、私たちをいつも応援下さりご支援下さる皆様に心からの感謝を申し上げます。


NPO法人しあわせの種たち 理事長 濱田一江

                       <設 立 趣 旨>

 犬や猫等の愛玩動物は、人の心に癒しと安らぎを与え、心身の健康に良い影響を与えてくれる存在です。

わが国においても、2061万頭を超える犬や猫が飼われています。(平成25年度推計)

しかし、その一方で、1年間に17面6千頭の犬や猫が自治体の保健所や動物愛護センター等に引取られ12万8千頭が殺処分されているのが現状です。自治体等においても、なるべく殺処分をしなくても済むよう返還や譲渡に力を注いではいるものの、その予算や収容力人員等の確保には限界があります。

 私は、そのような殺処分される愛玩動物を減らすことを目的とし、平成26年2月から個人ボランティアとしての活動を開始しました。以来、殺処分になるはずの動物を引取って人に馴れさせると同時に、里親となってくれる飼い主を探し結びつけるという活動を行ってきました。

 今般、これまで行ってきた動物保護の活動を、より安定的かつ効率的に行う事ができるよう、NPO法に基づく法人格を取得することとし、特定非営利活動法人「しあわせの種たち」を設立することにいたしました。

 私たちは、NPO法人となった後も、愛玩動物を中心とした動物の生命を尊重し、動物愛護精神の普及及びモラルの向上を図るとともに、動物と飼い主を結びつけるという活動をすることによって、人びとと動物が健やかに共存できる環境づくりに貢献して参ります。


                   特定非営利活動法人 しあわせの種たち 

                       設立代表者 濱田 一江


組織概要

名  称   特定非営利活動法人 しあわせの種たち

目  的  この法人は、愛玩動物を中心とした動物の生命を尊重し、動物愛護精神の普及及びモラルの向上を図り、もって動物の殺処分、虐待、遺棄等の減少に努め、人と動物とが共存できる地域環境の保全に寄与することを目的とする。

設立年月日   平成28年7月1日

Mail     shiawasenotanetachi@gmail.com

理 事 長    濱田 一江   (株式会社濱田 代表取締役一般社団法人未来 副理事

副理事長     轟木 絵理 

副理事長     逵  由美   (株式会社ビバーチェ 代表取締役

理      事   延堂 美緒 (キュート・ペットシッティング 代表

理      事   石田 旨擴 (ハピネスM&C株式会社 代表取締役社長・一般社団法人未来 代表理事

理    事   時信 敦利  (有限会社サンワサービス 代表取締役)

監      事    六車 優佳 叶う不動産株式会社 代表取締役

<tanetanesupport>

クレジットでの寄付ができたらというご意見をいただき、クレジット決済ができるように「ショップ」という形で設けたチャリティ通販「tanetanesupport」です。ご購入いただいたらその売上が活動費となり、殺処分からのレスキュー活動、保護動物たちにかかる医療費や食事、搬送費用等のご支援となります。

また、チャリティやイベントなどにご協力下さるボランティアや企業様も募っております。

お問合せフォーム✉